スキンケア

肌のバリア機能を高める

エイジングケアのためには肌のバリア機能を高めることも大事です。バリア機能が落ちると肌が乾燥しやすくなる、外的な刺激を受けやすくなるなどで老化が進みやすくなります。バリア機能を高める美容成分ではセラミドは良く知られています。

基礎化粧品

皮膚の深い位置のケア

表皮だけでなく真皮までケアできるような、魅力的なエイジングケア用品も販売されるようになっています。メラニンが蓄積するのを防ぐ効果で満足させてもらえるような、最新のエイジングケア用品を探してみてください。

化粧水

健康的な肌を保てる

エイジングケアは加齢からの肌の衰えを予防し、いつまでも若々しく健康的な肌を保つことができるケア方法です。エイジングケアは気になりだしたときにはじめることが一番です。化粧品や食事を活用して美肌を保つことができます。

頬を触る女性

アイクリームの選び方

アイクリームには乾燥に効くタイプやくすみに効くタイプ、たるみに効くタイプなどがあります。配合している成分の特徴を理解して自分に合ったアイクリームを選ぶことで、効率的に目の周りのエイジングケアができます。

スキンケア

トライアルから試そう

始めてエイジングケアに特化した基礎化粧品を購入する際は、いきなり現品で揃えるのではなく、トライアルセットを買いましょう。トライアルセットを使えば自分の肌に合っているか、好みの化粧品かなどを判断した上で、現品を購入できます。

目元や口元の乾燥対策

美容液

乾燥しやすいエリアをケア

年を取ると目元や口元が乾燥しやすくなります。乾燥しやすいエリアには、化粧水や美容液を重ねてつけると効果的です。他のエリアの倍以上ひたひたするまでたっぷりつけると、乾燥が改善して潤いが復活します。目元の乾燥にはアイクリームが効果的です。アイクリームはエイジングケア成分をぎゅっと濃縮したポイントクリームです。普通のフェイスクリームや美容液よりも厳選したエイジングケア成分が豊富に入っていて、目の周りでも安心して使用できるのがアイクリームの特徴です。目の周りの皮膚は刺激に弱いので、アイクリームを乗せるようにしてポンポンとつけることが大切です。強くこすると摩擦が皮膚にかかり、乾燥が悪化したり、最終的にはたるみやシワになったりするので要注意です。口元の乾燥が気になるときには一週間に数回のシートパックがおすすめです。最近は様々なシートパックが販売されています。口元の乾燥に効くのは、エイジングケア成分がたっぷりしみ込んでいるタイプのシートパックです。ほうれい線に沿ってシートパックを貼れば、深層分までエイジングケア成分が浸透して長時間乾燥しらずの肌になります。シートパックは乾燥予防に強い効果を発揮しますが、やりすぎると水分が蒸発してしまうので逆効果になります。パックごとに使用時間が異なるので、使用説明書を良く読んでから時間を守って使用するのが基本です。また、パックのあとには乳液またはクリームなどを塗って油分でふたをすることも大切です。