健康的な肌を保てる

化粧水

はじめるきっかけ

エイジングケアは加齢によるシワやたるみなどを予防して、いつまでも若々しく健康な肌を保つことができるため注目されています。エイジングケアをスタートさせる年齢は早すぎることも遅すぎるということもありません。肌の状態が気になりだしたときがエイジングケアをスタートさせるきっかけです。美肌には肌のバリア機能を整えることが重要なポイントです。肌のバリア機能とは、角質層に水分を蓄えて外的刺激から肌を守る働きを行います。機能の低下は肌が乾燥したり、ターンオーバーが乱れたりしてしまい、シミの発生やくすみが気になる肌になってしまいます。機能を正常に働かせるためには肌の潤いを守る成分と似ているセラミドとアミノ酸を使ったケアを行ったり、ターンオーバーの乱れを解消するためのプラスアイテムとして角質ケアを行ったりするのがおすすめです。紫外線も老化の原因となります。目に見えない紫外線は若いうちから、夏だけでなくオールシーズンケアすることが大切です。血行促進もエイジングケアに大切です。肌に必要な酸素や栄養素、不要な二酸化炭素などは血液が運搬しています。血行不良では老廃物が肌に溜まってしまいます。血行促進させるためにはマッサージを取り入れることが一番です。何もつけずにマッサージすると肌を痛めてしまったり、色素沈着に発展してしまったりすることがあるので、摩擦を防ぐようにクリームやオイルを使ってマッサージします。化粧品だけでなく、ビタミンAやビタミンCなどの栄養素を食事で上手に取り入れると身体の中からエイジングケアすることができます。食事では栄養素をカバーしきれないというときにはサプリメントの活用がおすすめです。